MapLabを追加しました

GISは、コンピュータで地図を扱う情報システムの総称です。
“GISとは”のページで少しだけ紹介していますが、コンピュータシステムの特性上、GISはネットとの親和性が非常に高いのです。GISとネットが組み合わされると、
・情報を色々な人に見てもらう事が可能になる
・情報を色々な場所で見る事が可能になる
などなど、色々なところで新しい発見が生まれるためのツールになります。

今回、地図活用実験のページ”MapLab”を新規追加しました。
先日、ラボで公開した“IT/ICT現地調査”では、ArcGIS OnlineというGISに特化したシステムを基盤にしていましたが、今回の“MapLab”はGoogle Mapを基盤にしています。

スマホの登場で、データへのアクセスが容易に行えるようになりました。
MapLabは、当サイトを訪れてくださる皆さんにGISの技術の一片を見ていただくために作ったのですが、実は私が屋外にGISデータを持ち出して使いたい…とも考えてます。

前の記事

ラボを更新しました

次の記事

MavicAirを買いました