GISおよびIT/ICT技術に関して、4DGIS Labが独自で研究した事案やサポートさせていただいた研究の成果等をご紹介いたします。

 

梅雨入り・梅雨明け状況の視覚化
~予報に関する地域区分と梅雨に関する統計値の統合~

春から夏へ移行する過程にある梅雨は、その前後の季節と比べて雨量が多くなり、大雨による災害の発生しやすい時期です。
気象庁から発表されている梅雨に関する当年速報値・昭和26年以来確定値と、同じく気象庁から公開されている予報に関する地域区分GISデータを、4DGISLabが統合・編集・加工して、WEBマップとして視覚化しています。

 

マップ 『梅雨入り・梅雨明けマップ』
地図ブロック(左部)
・予報区ポリゴンに、梅雨に関する気象庁統計値(速報値・平年値)を結合しています
・当年の梅雨3状態(梅雨入り前・梅雨入り・梅雨明け)によるシンボル表示設定です
・各年値はブロック下部のドロップダウン・左右アイコンで変更することが可能です

集計表ブロック(右部)
・列(横軸)に予報区、行(縦軸)に梅雨に関する統計値を設定し、表形式で表示しています
・行をスクロールし、1951年までの梅雨入り日・梅雨明け日・降水量平年比を確認可能です
・セル表示は左記の通りです 上段…梅雨入り日 中段…梅雨明け日 下段…降水量平年比
梅雨入り・梅雨明けマップ

画像をクリックすると別ウインドウが開きます


注意点
・気象庁発表日付には“ごろ”が附されますが、セル内文字数の都合で“ごろ”を取り除いています
・試行錯誤中のため、画面表示等については随時変更があります
 
作業期間
システム設計:2021年5月21日~ (作業継続中)
データ更新 :2021年5月21日~ (2021年確定値の発表までを予定)
 
作業環境
データ入力  :Googleスプレッドシート
データ編集  :QGIS 3.10
データ視覚化 :Tableau Desktop 2020.4.1
 
データソース
図形データ:全国・地方予報区
        形式:SHP
        更新:2018年10月16日
        出典:気象庁ホームページ
属性データ1:令和3年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)
        形式:HTML(表形式)
        更新:2021年5月21日より随時確認
        出典:気象庁ホームページ
属性データ2:昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)
        形式:HTML(表形式)
        更新:2021年5月21日より随時確認
        出典:気象庁ホームページ
 
キーワード
・気象予報に関する予報区ポリゴンデータの軽量化
・梅雨関連統計値(1951年以来)のGISデータ統合
・WEBマップとしての視覚化および表示調整
 
作業概要
(アウトラインが固まり次第、整理しながら記載します)
 
出展
以下の原典データに対して、4DGISLabが編集・加工を行っています。

「全国・地方予報区」(気象庁)
「令和3年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)」(気象庁)
「昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)」(気象庁)
 
参考情報
この取組みに関するタイムラインは、以下からご確認いただけます。

2021年5月24日公開『梅雨入り・梅雨明けマップ(仮)』