GISおよびIT/ICT技術に関して、4DGIS Labが独自で研究した事案やサポートさせていただいた研究の成果等をご紹介いたします。
現地でのモバイル端末を使用したデータ収集・オープンデータをソースに、GISソフトによる編集と解析を行い、Google MapsやArcGIS Onlineなどクラウド上のマップとして地図情報を公開しています。

 

研究事例一覧

事例01 IT/ICT技術を活用した現地調査
公開年月日2018年3月31日
キーワード研究サポート・現地調査・モバイル端末・クラウド連携
概要説明新潟県内に現存する雁木について、モバイル端末とクラウド技術を用いた
現地調査を行いました。取組みの経緯と現地調査へのIT/ICT技術導入効果を
ご紹介するとともに、新潟工科大学 倉知先生の報告書を掲載しています。
掲載ページ事例”IT/ICT現地調査”
 
事例02 将来人口推計データ解析
公開年月日2018年10月2日
キーワード独自研究・オープンデータ視覚化・GoogleMaps
概要説明オープンデータとして公開されている“メッシュ別将来推計人口(H29年 国土
交通省国土政策局推計)を基礎データに、新潟県中越地域における2050年の
人口増減と65歳以上高齢人口数をGoogle Maps上に視覚化しました。
掲載ページ事例“人口データ解析”
 
事例03 ドローン&360度画像マッピング
公開年月日2019年7月26日
キーワード独自研究・ドローン・360度画像・ArcGISOnline
概要説明4DGISLabで導入したドローンおよび360度カメラで撮影した静止画・動画を
クラウドストレージ内にアップロードして、ArcGIS OnlineのWebマップ上の
撮影箇所位置と画像等を関連付けて公開しています。
掲載ページ事例“ドローン&360度画像”
 
事例04 災害関連オープンデータの作成と視覚化
公開年月日2020年7月14日
キーワードリモート連携・オープンデータ作成&視覚化・WEBマップ
概要説明N2EM主幹の下で、4DGISLabは令和2年7月豪雨災害に関する住家被害等の
データを収集して集約しました。このオープンデータとして公開されている
“住家被害”&“断水給水”の情報を編集・加工し、Web上に公開しています。
掲載ページ事例“オープンデータ視覚化”

 

 

GISとは…

GISとは“Geographic Information System”の略称で、日本においては“地理空間情報システム”とも呼称されています。地図に関連するデータを、人間が見て判りやすいようにコンピュータ上に視覚化することが可能なコンピューターシステムの総称です。

言葉で書くとイメージとして捉えにくい部分もあるかと思いますので、以下で上手く説明されているサイトと動画をご紹介します。 ※ 動画は音が出ます

 

GIS(地理情報システム)とは (WEBページ)
  esriジャパンのホームページで、GISの概要・利用分野をご覧いただけます
大規模災害時の訓練 CAPSTONE (YouTube動画)
  米国で開催された災害対応訓練で、GISによる情報共有がされた事例です
米国天然ガス会社での活用事例 (YouTube動画)
  様々な業務のプラットフォームとして、GISが利用されている事例です

 

このGIS登場以前(もしくは導入以前)には、データは表形式(Excelのような)で表されることが多く、計算の結果はグラフ化するか、紙地図に表現しようとすれば“ぬり絵”が主でした。
※ 語弊はありますが、今のCADも同等と私は捉えています

GISとは何か?

私は、GIS=データベースと捉えています。
データベースがパソコン上の地図と結合したら2次元GIS。
データベースが3次元の空間情報を持って表現されるなら3次元GIS。
時間的な経過を視覚化できるのなら、それが4次元GISだと考えます。