災害発生から1か月

先回7月27日【断水・給水状況】の投稿以降に豪雨被害が発生した山形県を含め、住家被害については11県(156市町村)のデータを追いかけています。

 

全国規模で発生した住家被害の状況については以下のURLで、
https://public.tableau.com/profile/4dgislab#!/vizhome/25564/sheet2
落ち着き始めている断水・給水の状況については以下のURLで、
https://public.tableau.com/profile/4dgislab#!/vizhome/27_15958141114880/sheet2
それぞれを視覚化しています。

 

災害発生から1か月が経ったんですが、未だに被害住家の数字が動いています。
今年の梅雨時期の一連の被害の大きさはイメージしづらいですが、現地で情報収集・集約に携わられておられる方々の大変さも(私の)想像の追い付かないレベルにあるのだとも思います。

 

災害対応の最前線で頑張ってる人は、実は被災者だったりもします。
被災の現状を調べて泥だらけになって、自宅に帰っても洗濯や食事に不自由してた10数年前の事を思い出すのだけど、今、被災されている方々が以前と同じ生活に早く戻られるといいなと思います。

 

台風が逸れてくれたのは有り難いのだけど、明日8時のWindyの絵がちょっと心配です。

前の記事

断水・給水状況

次の記事

伝わるように作る